FC2ブログ
官能小説で妄想~エロ主婦の官能は、アダルトなコンテンツを含んでいます。
年齢認証をお願いします。
18歳以上の方は「はい」を押して下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/退場
ENTER/EXIT

官能小説で妄想~エロ主婦の官能
相互リンク募集中です 相互リンクについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: FC2タグリスト: ブックマークに追加する
保健委員長の俺は、放課後の保健室のドアを開けた。

男子の憧れの的になっている巨乳で美人の保健の先生がいなくて、がっかりした俺は、保健室から出ようと踵を返した。

そのとき、閉まったままになっている白いカーテンが目に入り、ベットの足元にはるか先生がいつもはいている靴をみつけた。

はるか先生が体調を崩して寝ているのかと、そっと白いカーテンを開けると、そこには一人でオナニーしているはるか先生の姿があった。

白衣を羽織ったままで、スカートをめくりあげ、パンティに手を突っ込んでいる。

ガーターベルトで止められたストッキングに包まれた形のいい脚がいやらしさに拍車をかけていた。

「こんな恥ずかしい姿をみられるなんて・・・。」


はるか先生は、顔を真っ赤にしていて、潤んだ瞳が色っぽかった。

あまりの衝撃映像に、理性を失った俺ははるか先生に覆いかぶさった。

やわらかい唇に吸い付き、むちゃくちゃに舌を入れて動かす。

はるか先生は俺の顔を離そうと、両手で俺の頭を押さえる。

俺は唇を離して、はるか先生が自分のパンティに突っ込んでいた方の手をつかんだ。

思ったとおり、おまんこをいじっていたらしい指は、愛液でしわしわにふやけている。

匂いたつ中指と人差し指を口に咥えると、舌を絡ませて、愛液の味を感じてみた。

口から指を出すと、俺のよだれまみれになっていて、はるか先生の指を穢したような快感を感じた。


「いやらしい味がしますよ?」



お、お願い・・・誰にもいわないで。」


眉を寄せて哀願してくるはるか先生に、ぞくぞくするほど興奮したけど、俺は黙って立ち上がり、保健室のドアへと向かった。

「待って・・・ねえ・・・お願い!」


保健室でパイズリ②に
つづく・・・
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: FC2タグリスト: ブックマークに追加する
出会いのお手伝い

玲於奈があなたにピッタリの出会い系サイトを選んであ・げ・る♪
* は必須項目です。
【玲於奈にあなたの事、教えてね】結果が変わるので慎重に・・・
今までの女性経験人数 * 童貞
1人
2~5人
6~9人
10~49人
50人以上
結婚してますか? * はい
いいえ
無料が好き? * とにかく無料が一番!
ポイント制だったら少しは出してもいいかな
サクラは嫌いなので、絶対有料定額制!
現在エッチができる彼女がいる * はい
いいえ
セフレってどう思う * セフレなんてダメ!
できれば彼女!セフレもありかな。
セフレ大歓迎!人妻OK!
手間は惜しむまない * メールや電話はマメ!
面倒な事は嫌い
時間をかけて、じっくり・・・
  
綺麗レーベル
  • seo

コメントの投稿
非公開コメント


検索順位チェックツールseo-R
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。