FC2ブログ
官能小説で妄想~エロ主婦の官能は、アダルトなコンテンツを含んでいます。
年齢認証をお願いします。
18歳以上の方は「はい」を押して下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/退場
ENTER/EXIT

官能小説で妄想~エロ主婦の官能
相互リンク募集中です 相互リンクについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: FC2タグリスト: ブックマークに追加する
ビールを飲みながら、テレビのチャンネルをかえろっていうみたいに、マサキはいった。
あたしはテーブルの上におかれた黒いバイブをみつめる。
黒く光っているバイブにはグロテスクないぼがたくさんついている。

「やらないなら、帰るぞ。」

向かいあったソファにどっかりとこしかけて、ビールの瓶を手に持ったマサキがせかす。

「やるわ。やるから帰らないで。」

最初につきあってほしいといってきたのはマサキだったはずなのに、どうして二人の関係がこうなってしまったのかあたしには理解できない。
でも、あたしはどうしようもなくマサキが好きで、マサキをひきとめておけるのなら、なんだってしてしまう。
あたりはパンティを足元に脱ぎ捨てた。


「どうせだから、全部脱がせてやる。」

マサキはビール瓶をテーブルにおくと、あたしに近寄ってきて、シャツとブラジャーを脱がせた。
あたしは破かれたくなかったので、自分からスカートを脱いだ。
レザーのソファに全裸で座っていると、これが現実じゃないような気がしてくる。

「よくみえるように、大きく足を開け。」

マサキの注文どおり、あたしは座っていたソファに足をのせて、アソコがまるみえになるように開いた。
マサキが突然、あたしのアソコのワレメを指でなぞった。

「あっ。」

つづく・・・
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: オナニー, バイブ, 官能, 小説, FC2タグリスト: オナニー, バイブ, 官能, 小説, ブックマークに追加する
出会いのお手伝い

玲於奈があなたにピッタリの出会い系サイトを選んであ・げ・る♪
* は必須項目です。
【玲於奈にあなたの事、教えてね】結果が変わるので慎重に・・・
今までの女性経験人数 * 童貞
1人
2~5人
6~9人
10~49人
50人以上
結婚してますか? * はい
いいえ
無料が好き? * とにかく無料が一番!
ポイント制だったら少しは出してもいいかな
サクラは嫌いなので、絶対有料定額制!
現在エッチができる彼女がいる * はい
いいえ
セフレってどう思う * セフレなんてダメ!
できれば彼女!セフレもありかな。
セフレ大歓迎!人妻OK!
手間は惜しむまない * メールや電話はマメ!
面倒な事は嫌い
時間をかけて、じっくり・・・
  
綺麗レーベル
  • seo

コメントの投稿
非公開コメント


検索順位チェックツールseo-R
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。