FC2ブログ
官能小説で妄想~エロ主婦の官能は、アダルトなコンテンツを含んでいます。
年齢認証をお願いします。
18歳以上の方は「はい」を押して下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/退場
ENTER/EXIT

官能小説で妄想~エロ主婦の官能
相互リンク募集中です 相互リンクについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: FC2タグリスト: ブックマークに追加する
・・・洋は美紗子のおまんこにちんぽを移動して、激しく腰を振っていた。

「イイっ!すごい・・・気持ちいいよぉ!」

絶倫の洋と乱交①
絶倫の洋と乱交②
からお読み下さい。

美紗子も感じてるみたいで、口の端からよだれがたれている。

私は二人がセックスしてるのをみているのがつらくなって、さっきおまんこをクンニしてくれた未来の乳首をしゃぶった。

「ん・・・うん・・・玲於奈ちゃん、気持ちいいよ・・・。」

未来が嬉しそうにしてくれると、なんだか嬉しい。

それに、女の子の乳首をしゃぶるのって、私もちょっと気持ちいいかも。

私は夢中になって、未来の乳首をしゃぶった。

「ああんっ!うそぉ!また・・・入ってきたぁ。」

洋のちんぽがまた未来のおまんこに入っていた。

美紗子はイったみたいで、ぴくりとも動かない。




乱交の間、洋は私にはちんぽを入れてくれなくて、イかせてもくれなかった。

未来と美紗子が何回もイって、おまんこから精液を垂れ流しながら、寝ちゃった後、洋が私をからかうように、まだ勃起してるちんぽをしごいてみせた。

「まだできるけど、どうする?おまんこに入れてほしい?」

いらないなんて意地は張れなかった。

やっと挿入してもらったおちんぽに、おまんこのいいところをこすってもらって、ようやくイけた私は、続けて何度もイかされた。

「玲於奈ちゃんは、俺のこと、セフレとしか思ってないんだろうけど、俺、玲於奈ちゃんのこと、好きなんだよね。」

耳元で告白されながら、私はまたイってしまった。

おまんこの中に、洋の精液がどくどくと射精される。

私は気が遠くなりながら、もう乱交なんてよそうって思った。

絶倫の洋と乱交 おわり。




洋と出会ったのはココ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: 絶倫, 乱交, 出会い系, おまんこ, FC2タグリスト: 絶倫, 乱交, 出会い系, おまんこ, ブックマークに追加する
手がおっぱいからクリトリスにうつって、私は早くもイきそうになってきた。

もうちょっとでイくっていうときに、洋の手は止まってしまう。

「次は、クンニだね。」

絶倫の洋と乱交①からお読み下さい。

後ろからゆっくりとおまんこを舌でなぞられて、私はあえぎ声を必死で我慢する。

目の前では、美紗子と未来がレズプレイをしていて、甘いあえぎ声をもらしながら、おまんこを舐めたりいじったりしている。

洋の指がおまんこの中に入ってきた。

くくっと指先が曲がって、私の大好きなところをこすっている。

ああっ!イっちゃう・・・と思った瞬間、指が抜かれてしまった。

「さあ、どっちから挿入してほしい?」


美紗子と未来はベットの端で、大きく足を開いて、濡れ濡れのおまんこを二つ並べた。

「待ちきれないから・・・。」

「交互に入れてぇ・・・。」

洋はいわれたとおりに、美紗子と未来のおまんこに交互に挿入した。

美紗子のおまんこをちんぽで何度かこすっては、未来のおまんこに挿入して、未来にあえぎ声をあげさせる。

ちんぽを挿入していない方のおまんこを指でいじっているから、どっちもそれなりに満足しているみたいだ。

私はイきそうなところを放置されて、さみしくなって、自分の指でおまんこをいじってしまう。

「玲於奈、せっかくの乱交なのに、オナニーなんかしてちゃダメだろ。」

オナニーしてたのをバラされて、私は真っ赤になった。

「玲於奈ちゃん、オナニーしてたんだあ。」

「こっちにおいでよ。舐めてあげる・・・。」



未来の顔にまたがるようにいわれて、私はおそるおそる未来の顔の上におまんこを差し出した。

ちろちろと猫のようにおまんこを舐められて、すごく気持ちよくなる。

イきそうって思ったら、未来の舌がはなれて、あえぎ声が激しくなった。

「やっ・・・イきそう・・・激しいよぉ!」

洋が私がイくのを邪魔するために、未来を集中して責め始めたらしい。

私はまたしても、中途半端で放置されて、切なくなった。

未来はイったらしくて、ぐったりとしている。

洋は美紗子のおまんこにちんぽを移動して、激しく腰を振っていた。



「イイっ!すごい・・・気持ちいいよぉ!」

絶倫の洋と乱交③につづく・・・
応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: 絶倫, 乱交, 出会い系, おまんこ, FC2タグリスト: 絶倫, 乱交, 出会い系, おまんこ, ブックマークに追加する
「もうおまんこにちんぽ入れてほしいんじゃないのかい?」

おまんこに指を入れていた痴漢の一人がめぐみにきいた。

「ほしい・・・おちんぽほしい。」

終電は集団痴漢電車 ①
終電は集団痴漢電車 ②


たちまち、勃起したちんぽがめぐみの目の前にたくさん突き出された。

本当にちんぽの形や色、長さって個人差があるんだなあと感心するぐらい、様々なちんぽだ。

「どのちんぽから入れたい?」

めぐみはとろんとした目で痴漢達のちんぽを見回したが、俺のちんぽを握った。

あなたのおちんぽがいい・・・。」

俺はめぐみを抱き上げ、駅弁スタイルでちんぽを挿入した。

chikan019.jpg


痴漢達の手で十分すぎるほどほぐれたおまんこは、するりと俺のちんぽを呑み込んだ。

「ああああっ!すごい・・・気持ちいい・・・イきそう・・・。」

あちこちから痴漢の手が伸びていて、乳首やクリトリス、アナルをいじっている。

足を舐めている痴漢、手に勃起したちんぽをこすりつけている痴漢、おまんこに入れる順番を待っている間、少しでもめぐみの体を楽しんでいたいらしい。

俺も興奮と気持ちよさで、射精したくなってきた。

「イくぞ!」


俺はめぐみのおまんこに中出しして、次の痴漢の手にめぐみを渡した。


すぐにその痴漢が俺の精液をたれ流しているおまんこに、ちんぽを挿入した。

ちんぽが出し入れされる度に、ぐちゅぐちゅと精液が泡立っている結合部から精液と愛液がたれて、電車の床を汚した。

待ちきれない!口も使わせてくれ!

めぐみはお辞儀しているような体勢にされて、フェラチオさせられた。

バックからちんぽを入れられながら、上の口にも次々にちんぽを入れられる。

どっちの口からも精液があふれていて、まるで人間便器だ。

めぐみはヤられすぎて、意識をとばしてしまった。

終点に着くと、痴漢達はぞろぞろと降りていった。

精液まみれになっためぐみは床に横たわったまま、しあわせそうに笑っていた。




終電は集団痴漢電車 ③ おわり。

痴漢電車シリーズ
痴漢 応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: 集団痴漢, 痴漢電車, 痴漢, おまんこ, 中出し, フェラチオ, FC2タグリスト: 集団痴漢, 痴漢電車, 痴漢, おまんこ, 中出し, フェラチオ, ブックマークに追加する
男達に好きなようにもて遊ばれていたOL風の女性は、ようやく目を覚ました。

「え・・・何これ!?」

終電は集団痴漢電車 ①よりお読み下さい。


体をよじって逃げようとするが、痴漢達の手を振り払えない。

かえって、おまんこに入っている指が動いて、気持ちよくなってしまったらしい。

「んん・・・いや・・・やめて・・・集団強姦じゃない・・・。」

OL風の女性が抵抗しだしたことで、痴漢達の行為がエスカレートした。

やっぱり、反応がないと物足りなかったらしい。

シャツや靴、太ももで止まっているタイプのストッキングやパンティが剥ぎ取られ、OL風の女性はあっという間に、裸にされた。

女性はしゃくりあげながら、体を縮こまらせている。

俺はちょっとかわいそうになり、

「どうせこれは夢なんだからさ、楽しんだ方がいいよ。」

と声をかけた。

OL風の女性はきょとんとした顔になり、

「夢?」

とつぶやいた。


「電車で集団痴漢されるのが、現実なわけないじゃん。君、名前は?」


OL風の女性は酔いが抜けていなかったのと、あまりのショックに俺のウソを受け入れたらしい。

「めぐみ・・・。」

俺はめぐみを抱きしめて、耳元でささやいた。

「めぐみちゃん、みんなでいっぱい気持ちよくしてあげるからね。」

めぐみの体にはたくさんの痴漢の手が這い回っていて、それぞれに愛撫していた。

chikan018.jpg



おまんこには一本ずつ三人の痴漢の指が入って、出し入れされているし、太ももを舐めている痴漢や足の指をしゃぶっている痴漢やおしりを舐めている痴漢、おっぱいを吸っている痴漢・・・一体何Pなのかわからないくらいだ。


ああ・・・おかしくなっちゃう・・・。

めぐみはもう自分で体を支えていることができないくらい感じまくっていて、痴漢達を受け入れていた。

「もうおまんこにちんぽ入れてほしいんじゃないのかい?」

おまんこに指を入れていた痴漢の一人がめぐみにきいた。

ほしい・・・おちんぽほしい。」



終電は集団痴漢電車 ③につづく・・・ 応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: 痴漢, 集団痴漢, おまんこ, クリトリス, FC2タグリスト: 痴漢, 集団痴漢, おまんこ, クリトリス, ブックマークに追加する
終電に乗っていた俺は、目の前の女性が痴漢されているのに気がついた。


酔っていてほとんど意識がないみたいな若いOL風の女性は、痴漢のされるがままになっている。

シャツの上からおっぱいをもんでいた痴漢の手は、OL風の女性が抵抗しないのをいいことにどんどん大胆になっていった。
chikan016.jpg


ミニスカをまくりあげて、パンティを丸出しにする。

乗っていた車両は男性客ばかりで、誰も痴漢を止めようとはせず、むしろ喜んでいるみたいだった。

下手に止めると、殴られたりしそうで、俺も見ていることしかできない。

痴漢の指がパンティの上から、おまんこをまさぐっている。

目を閉じて吊り革につかまっているOL風の女性は、無反応だ。

横に立っていた男がおっぱいに手を伸ばした。

ぎこちない動きでもみもみとさわったと思うと、シャツのすそから手をつっこんだ。

ブラジャーのホックがはずされ、別の痴漢の手でシャツのボタンもはずされて、ちらちらとおっぱいがみえる。

みえそうでみえないというのが、ものすごくいやらしい感じがする。

OL風の女性の左右の男達は、それぞれおっぱいを直にもみはじめた。

「んん・・・。」


右の男は乳首をつまんだり、こねたりしているようだ。

左の男は乳首をしゃぶりはじめた。

痴漢たちはパンティを足首まで下げた。

広い車両には、14、5人しか乗っていないので、スペースは十分にある。

いつの間にか、乗客はOL風の女性を取り囲むように集まっていて、集団痴漢となっていた。

chikan017.jpg


普段はマジメなサラリーマンやパパなのだろうが、今はお酒が入っていたり、場の勢いにのまれてしまっていて、痴漢か痴漢行為を見物する卑劣なオスでしかない。

俺もとっくに勃起してしまっていた。

痴漢されているOL風の女性の真ん前という特等席にいて、されるがままになっている女性をみていると、俺も痴漢しないと損という気分になってくる。

妄想するだけで、普通ならできないような集団痴漢ができるのだ。

OL風の女性の後ろの痴漢がおまんこに指を入れた。

俺は手を伸ばして、クリトリスにさわってみた。

chikan015.jpg


愛液があふれていて、ぬるっとしている。

清純そうな顔をしているのに、でかいクリトリスだ。

意外と遊んでいるのか、オナニー好きなのだろう。

そうか、この女、淫乱なんだ・・・。

俺はかろうじて残っていた理性がなくなってしまった。


男達に好きなようにもて遊ばれていたOL風の女性は、ようやく目を覚ました。

「え・・・何これ!?」




終電は集団痴漢電車 ②に
つづく・・・ 応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: 集団痴漢, 電車, 痴漢, おまんこ, クリトリス, FC2タグリスト: 集団痴漢, 電車, 痴漢, おまんこ, クリトリス, ブックマークに追加する
俺はクリトリスをしゃぶりながら、ワレメを指でなぞった。

遊んでいる割にきれいな色のおまんこは、奥の方からどんどん愛液があふれていて、指でいじると、ちゅくちゅくと音をたてる。

愛液で濡れた指を膣口に入れると、おまんこの奥へと押し込んだ。

「んんっ!あっ・・・ああっ・・・。」

パイパンにしている理由は男が喜ぶから・・・①からお読み下さい。


早くもひくついているおまんこをさぐるように指でまさぐりながら、クリトリスを舐める。

「もうおちんぽ、ちょうだい。」

さやか がちんぽを舐めながらおねだりするので、俺はおまんこから指を抜き、さやか に自分で入れるようにいった。

「騎乗位って好きなんだー。」

さやか は張り切ったように俺にまたがり、パイパンのおまんこにちんぽを呑み込んでいく。

まるで子供のようなパイパンのおまんこが俺の勃起したちんぽを吸い込んでいくのは、不思議な感じだった。

ちんぽがおまんこに包まれると、熱くてひくひくしてて、とても気持ちがいい。

さやか はすぐに腰を振りはじめた。

俺のウエストにつかまるようにして、軽く腰を動かし、ちんぽを自分のおまんこのいいところに当てようとしている。



うっとりとした表情で腰を振っている姿は、淫乱そのものだ。

「サトルのおちんぽ、すごくイイよ。気持ちいい・・・。」

さやか はカリ首のところまでおまんこから出し、奥まで一気に入れた。

また腰を浮かせて、ぎりぎりまでおまんこから出して、ずんっと腰を落とす。

俺もかなり気持ちがいい。

パイパンおまんこにちんぽが出入りしている光景も、視覚的にかなりクるものがあるし。

さやか は俺のちんぽをおまんこに入れたまま、向きを変え始めた。

足をぐるんと横向きにすると、膣壁がぐいっと俺のちんぽをこすって、あえぎ声を出してしまいそうになった。



さらに、さやか は後ろ向きになり、俺の太ももをつかむようにして、ひざを立てた。

さっきよりもおまんこのいいところを効率よくこすれるのか、さやか は夢中になって腰を振っている。

「あんっ!イイ・・・スゴい・・・イきそう・・・。」

なんだかさやか が一人でオナニーしているみたいでイラついたので、俺は体を起こしてさやか を後ろから抱きしめ、おっぱいを両手でわしづかみながら、腰を振った。

「や・・・ああっ!・・・イく・・・イ・・・・くぅっ!」

さやか は叫んで、そのままぐったりとなった。

俺はピストン運動を続けて、射精直前にちんぽを抜き、さやか のパイパンおまんこに、精液をかけた。

精液まみれになったパイパンのおまんこはぴくんぴくんと震えていて、俺はもっとさやか とヤりたくなった。

確かにパイパンは、男を興奮させるのかもしれない。

彼女がいきなりパイパンだったら、イヤだけど。




パイパンにしている理由は男が喜ぶから・・・②
おわり。

パイパンシリーズ
金髪のグラマー留学生はパイパンだった①

おまんこの毛をキレイに剃って、パイパンにしろよ①

応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: パイパン, 出会い系, おまんこ, クリトリス, FC2タグリスト: パイパン, 出会い系, おまんこ, クリトリス, ブックマークに追加する
忙しくて週に一回もセックスできないような俺じゃなく、毎日だってこの体を満足させてやれるような男と付き合った方がいいんじゃないか。

俺が愛の裸を見つめたまま、悩んでいると、愛が抱きついてきた。

「ねえ、お願い・・・して・・・。」

おまんこの毛をキレイに剃って、パイパンにしろよ①からお読み下さい。


ベットに移って、俺はいつものように、愛の巨乳をもんだ。

キスをする気にはなれなかった。

乳首をしゃぶって、舌でねぶっているうちに、高志もこうしたんだろうかという考えが頭をちらりとかすめる。

「ん・・・健太・・・。」

愛は何度も俺の名前を呼ぶ。

パイパンのおまんこを舐めていると、なんだか他の女のおまんこを舐めているような気がした。

陰毛が邪魔をしないので、スムーズにクンニできる。

愛液もよだれも陰毛に吸い取られないので、おまんこはびちゃびちゃになって、シーツまで濡れてしまっている。



「健太・・・入れて?健太のでキレイにして。」

俺は愛のおまんこにちんぽを挿入した。

ちんぽを入れるだけで、はちきれそうにキツい愛のおまんこ。

俺のちんぽを咥えこんでいるパイパンのおまんこだけみていると、愛のおまんこではないみたいだった。

ぐち・・・ぐちゅ・・・

ちんぽを動かすと、愛のおまんこからいやらしい音がして、少しずつゆるんでくる。

「健太・・・気持ちいい・・・健太のちんぽ・・・入ってる・・・。」

俺がちんぽを激しく動かすと、すすり泣くようなあえぎ声をあげながら、愛は何度もおまんこをしめつけた。

おまんこの奥めがけて、精液を射精して、ちんぽで膣壁になするようにぐりぐりと動かした。

おさまらないちんぽを膣口ぎりぎりまで引いて、奥まで押し込み、膣の中がまんべんなく俺の精液で清められるように何度もかき回す。

パイパンのおまんこが精液で泡立っているのがいやらしかった。

健太・・・これで私のおまんこ、キレイになったかな・・・。

悲しそうに微笑んでいる愛が急に愛おしくなって、俺は愛を抱きしめて、何度もキスした。

おまんこがちんぽをしめつけて、とろけそうにイイ。

その日のセックスは今までで一番、気持ちがよかった。



結局、俺は愛と別れられそうにない。


おまんこの毛をキレイに剃って、パイパンにしろよ②
おわり。

パイパンシリーズ
金髪のグラマー留学生はパイパンだった①

パイパンにしている理由は男が喜ぶから・・・①

応援してくれると、次も頑張っちゃうよ~
アダルト出会いランキング FC2官能小説ランキング 
タグリスト: パイパン, おまんこ, クリトリス, FC2タグリスト: パイパン, おまんこ, クリトリス, ブックマークに追加する
出会いのお手伝い

玲於奈があなたにピッタリの出会い系サイトを選んであ・げ・る♪
* は必須項目です。
【玲於奈にあなたの事、教えてね】結果が変わるので慎重に・・・
今までの女性経験人数 * 童貞
1人
2~5人
6~9人
10~49人
50人以上
結婚してますか? * はい
いいえ
無料が好き? * とにかく無料が一番!
ポイント制だったら少しは出してもいいかな
サクラは嫌いなので、絶対有料定額制!
現在エッチができる彼女がいる * はい
いいえ
セフレってどう思う * セフレなんてダメ!
できれば彼女!セフレもありかな。
セフレ大歓迎!人妻OK!
手間は惜しむまない * メールや電話はマメ!
面倒な事は嫌い
時間をかけて、じっくり・・・
  
綺麗レーベル
  • seo

検索順位チェックツールseo-R
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。